メルボルン

【メルボルン観光】人気スイーツカフェ10選

こんにちは♪

メルボルンはコーヒー、カフェ文化として有名な都市ですが、それだけではないんです!美味しいくてかわいいスイーツもたくさんあるんです♪

そこで今回は、甘いもの好きな方のために、メルボルン市内のスウィーツカフェ10選をお届けします!

以前に書いた記事【おすすめ人気】メルボルン市内カフェ10選はこちら▼

Koko Black

 

 

2003年にメルボルンのRoyal Arcade内にKoko Blackはオープンし、それから現在までに、オーストラリアの主な大都市全土に店舗展開しています。Kokoblackのチョコレートはベルギースタイルで、ギフト用のチョコレートから、チョコレートドリンクまで、Choco holic にはたまりません♡

ホットチョコレート、アイスチョコレートともに濃厚で、チョコレート好きにはたまりません。写真のように、ホットチョコレートには、かわいいアートが施されています。

Royal Arcade内の他に、メルボルン市内にはCollins street店、Queen Victoria market店があります。

上品な雰囲気のKoko Blackカフェで観光中に至福の時を過ごしてみてはいかがですか?

Ganache Chocolate

こちらはモカ

こちらはメルボルンで2店舗展開しているチョコレートカフェ。メルボルン市内に1店、郊外のSouth Yarraに1店舗あります。

店の名前通り、Ganache chocolateにパッションを注いだここのチョコは格別です。

私は実際こちらのカフェでバリスタとして働いていたのですが、コーヒーはもちろん、働けば、働くほどこちらのチョコレート好きになってしまいました。笑

一番人気はClassic hot chocolate。

私のおすすめの飲み物は、エスプレッソ、スチームミルクと自家製ganache chocolateを使用したモカ(Mocha)です。コーヒーの苦みとチョコの甘さのバランスが絶妙です。

ギフト用商品も多数で、ハイヒール型のチョコや、イースターには卵やウサギ型、クリスマスには大きなサンタ、ツリー型チョコなどシーズン、イベントごとに様々な形のチョコが販売されています。

私一押しは、パッケージされているMocha Almondです♪インスタ映えのganccheを使用したムースケーキも多数用意されています。

シーズン毎商品変更あり

スポンサードサーチ

Shortstop Coffee & Donuts

ドーナツといえばここは外せません!

メルボルン、シドニーに各1店舗ずつオープンしています。小さいお店ながらも、人の出入りは多く、人気な種類のドーナツは午後には既に売り切れてしまうこともあります。

スタッフも、フレンドリーで、ショーケースには美味しそうなドーナツがずらりと並んでおります。値段はドーナツ1つ$5ドル前後とオーストラリア価格ですが、食べる価値ありです。

こちらの美味しいコーヒーとドーナツを店内で食べてもよし、持ち帰りで、緑の多い公園のベンチで食べるのも良いですね♪

箱詰めされた持ち帰り用ドーナツ

Bibelot

こちらはメルボルンの郊外South Melbourneにあるスウィーツカフェ。ユニークでカラフルなチョコレートからケーキ、マカロンまで迷ってしまうことでしょう。

South Melbourne Marketからも近く、周辺にはカフェはもちろんかわいい雑貨屋さんもあるので、周辺観光後に、Bibelotカフェへ寄ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードサーチ

Calia 

左:抹茶ティラミス 右:抹茶ラバケーキ

Emporiumというショッピングセンターの3階に入っているレストラン。日本食を組み合わせたフュージョン料理、デザートを提供しています。レストランの横に、食品や食器などの販売セクションもあります。

Caliaのスウィーツ以外にも、先ほど紹介したBibelotのケーキもショーケースに並んでいるので、South Melbourneまで行く時間がない方はこちらで味わえちゃいます♪

San churro

サンチュロはオーストラリア全土に展開している、チョコレート、チュロス店。定番はチュロスと溶かしたミルクやダークチョコレートのdipが付いたもの。テンションの上がる、チョコレートフォンドゥやVegan用のチョコレート&チュロスデザート等のメニューも、用意されています。

*オーストラリアは、多国籍、他宗教の国なので、カフェやレストランに行った際には、Vegan,Vegetarian向けのメニューや乳製品を使用していないDairy freeオプションメニュー等用意されています

スポンサードサーチ

Brunetti

色々試したい私はミニケーキとミニエクレア♡

イタリア人ファミリーが開いたビジネスが、今ではメルボルンに5件の店舗を構えるほど成長したカフェBrunetti。イタリアンレストランが並ぶ有名なLygon Streetに、1店舗。店内は大きく、夜遅くまで営業してあることもあり、週末は夜遅くまでお客さんでにぎわっています。

スタッフはイタリア人が多く、白いYシャツに黒いベスト、蝶ネクタイ姿が印象的です。

2018年にはメルボルン市内のFlinders Laneにも大きな店舗を構えました。店内に入ると現れるスウィーツ、ホールケーキの種類の多さに思わず喜びの声を上げることでしょう笑

もちろん、イタリアといえば欠かせない、ジェラートも多種類ございます♪多種類のスイーツ以外にもピザやパスタの主食メニューからドリンク類に渡りメニュー数は豊富です。

メルボルン市内のMyer(デパート)内にも入っていますが、店内の大きさ、雰囲気、スウィーツの種類を考えると、メルボルン市内のFlinders lane店か、カールトンのLygon street店がおすすめです。 

Cupcake Central

メルボルン市内には、Melbourne Central ショッピングセンター2階、フードコート内にお店が入っています。

通常サイズとミニサイズのカップケーキがあるので、いろんな種類を試したい方は、ミニサイズを購入できるところが魅力的です笑。通常サイズのカップケーキは$4.5ドル、ミニサイズは$2.5ドル。

私おすすめはシンプル定番なVanila vanilaと赤いカップケーキの上に♡のsprinkleがのせてあるRed Velvetです!

La Petite Creperie

モチモチ生地のクレープ

市内中心ともあり、現地民と観光客で賑わうSwanston Streetに小さな路面店として営業しているフレンチスタイルのクレープ屋さん。

ゆっくり座って食べたい方は、Swanston StからすぐのHardware Laneにこちらのカフェがあるのでおすすめです♪

Hardware Laneにはたくさんのカフェやレストランが並び、メルボルンで人気なlane ways (小道、路地)のうちの一つとなっております。

カフェでは、朝食やランチにぴったりのガレット(そば粉を使用したもの)から甘いクレープまで種類は様々です。

小さいカフェながら、ドリンク類も充実しており、コーヒーはもちろんのことアルコール類も提供しております。

店内で食事をするのも良いですが、外のテラス席に座り、飲食店が並なるメルボルンlane wayの雰囲気を堪能するのも観光の醍醐味ではないでしょうか。

ガレット

Runya’s Room

エレガントで女子受け抜群の店内には、大きなシャンデリアがキラキラしてます♡

こちらは、アフタヌーンティールームという事もあり、アフタヌーンティーと様々な紅茶が揃っています。アフタヌーンティーのオプションには、シャンパンセットメニューも用意されています。

もちろん単品の主食、スイーツメニューも用意されていますのでご安心を。

私はここで、紅茶とピンクのかわいらしいデザートを頂きました。写真の通り、ティーポッドや食器全てがかわいく、心が高まりました♡笑

アフタヌーンティーをRunya’s roomでする際は、事前に予約することをおすすめします。こちらのオンラインBookingページから(予約)できます。

おわりに

以上、メルボルン観光におすすめの人気スイーツ、カフェ10選をお届けしました。

旅行、観光では歩き回ることも多いので体力を使うことも多々あるでしょう笑 そんな時は、カフェに寄りスイーツなど甘いものを補給し、最後まで観光を楽しんでくださいね♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
ゆ~
関東生まれの27才女子。 オーストラリアで留学、ワーホリで計4年滞在。(留学3年+ワーホリ1年)現在カナダでワーホリ中♪海外生活で経験、感じた事を実録・情報ブログとしてシェアしていきます♪