留学・ワーホリ

初めてのワーホリ渡航前に心得ておきたい5つの事+α

こんにちは、ゆ~です♪

このページを読んでるあなたは、どの国にしろワーホリで行くと決めた、あるいは考えている方が多いでしょう。

という私は、オーストラリアに最初は留学で渡航し、たくさんのワーホリの人と出会いました。

そして、実際にワーホリの方の心境も良く耳にしましたし、私もオーストラリアで1年ワーホリを経験し、現在はカナダでワーホリをしています♪

例え、日本でのバックグラウンド・経歴は違えど、ワーホリで来てからワーホリ同士で悩みや心境共感しあえる事が多々あるのは確かです。

今回は、現地で充実したワーホリ生活を過ごすために、初めてのワーホリ渡航前に心構えしておきたい5つの事+を書いていきます!

ワーホリしたい理由は?

ワーホリは通常1年のみ有効です。1年という限られた時間は、長いようで本当にあっというまです。

ワーホリに興味がある人は、海外生活、新しい事を経験したい人が多いと思います。

本当にただ1年間海外生活をしたい!というシンプルな理由であれば、それはそれでいいともいます◎

という私も、学業に追われた留学生活後のワーホリ理由はオーストラリア生活をもっと楽しんで好きなコーヒーに携わり学びたいというシンプルなものでした♪

しかし、ほとんどのワーホリで行く方は、仕事を辞めたり、大学を休学して渡航する方が多いので、海外生活だけが理由だと不十分と感じる方も多いと思います。

ですので、他に軽く理由、目的を考えてみればいいと思います。

例えば、

・海外の友達を作って英語で話せるようになりたい。

・英語を今よりマスターして、資格を取りたい

・現地の英語環境で仕事をしたい

など、このような目的・理由でワーホリで渡航し、実際にそれを実践しているなら、達成感につながります♡

そしてそれは、帰国後にもワーホリで海外に行って良かったという満足感にもなります。

個人的には、理由や目的はそこまで深く考ず、ハードルを上げない方がいいと思います。

ワーホリで海外に行ってみたいという気持ちが最初に来るなら、その心が一番大事ですし、絶対に行って良かったと思うはずです。

あくまで、理由と目的は軽めに考えること。そう思います☆

ある程度のスケジュール決める

ワーホリ渡航前に、ワーホリ渡航理由と関連づけて、ある程度の1年間スケジュールを決めておきましょう。

そうする事で渡航後の生活もイメージしやすくなりますし、ワーホリ生活予算等も考えやすくなると思います。

プランはスケジュールは変わるものなので、ワーホリ渡航後にスケジュールが変われば、それはそれでワーホリ、人生の醍醐味ですw

例えば、

↓海外渡航理由↓

英語を今より上達させて、ワーホリ中に仕事もしてみて、旅行も色々行きたい!

↓スケジュール↓

ワーホリ最初の3か月は語学学校で英語を学ぶ

・4か月目からは英語環境の職場で働くため仕事探し

・5か月目、英語環境で仕事始める

・11か月まで仕事をしつつ、イベントに参加したり、趣味を習ったりワーホリ生活を楽しむ

・12か月目、最後のワーホリ一か月で旅行をして回り、日本へ帰国。

 

このような感じで、スケジュールを決めることでワーホリ生活をさらに充実したものにさせてくれるでしょう♪

 

スポンサードサーチ

コンフォートゾーンを抜けよう、全ては自分の行動次第!

日本、海外問わず、人間はコンフォートゾーン(慣れた環境で自分が心地いいと思うゾーン)にいたがるものですw

そして、どんな環境に自分を置くかは自分次第です!

自分の行動次第でどんな環境で、どんな人に囲まれるかは変わるものです!

例えば、英語圏でのワーホリであれば、語学学校には多国籍な生徒がいて日本人もどこの語学学校にもいると思います。

言語と文化が同じの日本人と仲良くいるのは、それは心地が良いと思います。ですが、せっかく海外にいて言語も習っているならば、いろんな国籍な人と積極的にかかわってみましょう♪

クラスだけでなく、放課後にみんなでご飯や週末に出かけたりなど。

稀に、日本人と喋らない!w等 日本人を避けているとてもストリクトな日本人の方も会ったことがあります。

ですが、個人的には同じ国籍の友人がいることも大事だと思っています。

私が言いたいのは、四六時中ずっと日本人とだけつるむということは避けたいと言うことです。

その他にも、

・国籍が違う住人が住んでる、シェアハウスに住んでみる

・日本で働いた事のない職場環境で働いてみる

等、何でも今まで経験した事がなく、やってみたいと思うならトライしてみるといいと思います☆

スランプ・落ち込む時は誰にでもある

・ホームシック

・思ったよりも英語力が伸びない

・海外・日本人の友達が帰国してしまう

・ワーホリ生活には慣れたが、楽しめない、物足りなさ

上記の例は、ワーホリや留学にきて多くの方が経験することです。

そりゃ、新しい環境で生活をすればスランプや落ち込む事なんて誰にでもあるものです。

なので、自分だけじゃなく他の人も同じ様なことを経験しているので安心してください!時が解決しますから(笑)

どーしても日本に帰りなくなったら、いつでも帰れますし大丈夫ですよ☆

思ったより英語力が伸びなくて焦ってる方、そんなびょーんといきなり喋れるようになったら日本人みんなペラペラ今頃喋れるようになってますw

語学に携わっていれば、みんな違うペースで、確実に語学力は伸びます。伸び方は人それぞれです。

ですので、他人と比べず、自分の成長のみを振り返ってみましょう!

友人が帰国してさみしい方、語学交換イベントや色んな興味のあるイベントに参加したり、ボランティア等で新しい出会いはまたあるものです!

私も、メルボルンに3年間でたくさんの出会いと別れがありました。ですが、仲の良い友人が帰国しても、また新しい友人との出会いは必ずあるものです!

とにかく、スランプ・落ち込む時は誰にでもある事、なければそれはそれで素晴らしい!ということですw

スランプ、落ち込むのはずーっとは続きません、すべては自分を成長させてくれるものです☆

 

スポンサードサーチ

時にはただ楽しむ、落ち着くことをする

スランプ、落ち込む事があったりした場合、または時に応じて、ただその生活を楽しむ、心が落ちつく事をするのも大事だと思います。

時には、旅行にいってリフレッシュしたり、仲の良い友人と色々話して美味しいものを食べたり。

何をしても悲しければ、ただ寝る。youtubeで日本の面白いものを見る等、そーゆーいわゆる無駄な時間wけれども、自分が落ち着く事をするのは大事です。

先ほど述べたように、英語力が伸びなくて焦っている、何に対してもモチベが沸かない。

そんな時に、自分がただ楽しむ事をすることで、心がすっきりして、新しいアイディアやモチベが降ってきたりするものです(笑)

個人的には、散歩、寝る、コーヒー飲んでぼーっとします。

一番大事な事は?

最後に海外生活、いや人生において大事な事は、自信です!

自信が大事ってよく聞くと思います。実際に留学・ワーホリをしてみて、海外の人は特に堂々としている人が多いと感じました。

日本人が謙虚なのは、素晴らしい!けれど、謙虚すぎずに自分を否定するような事は避けたいものです。

英語が中々上達しなくても、語学力を上げようとワーホリで海外にきたりその向上心があるだけで素晴らしいですよ♪

私も最初はどうやって自信って持てばいいの?って長い間思っていました。

そんな時は、どんな状況でも、まずは自分を否定せずに自分を認めてあげましょう。

英語が伸び途中でも、ホームシックになってもそんな事があってもいいんだと。

全ては経験です!自信が全くなかった私、気づけば根拠の全くない自信が今ではあります(笑)

スポンサードサーチ

まとめ

・海外に行きたい理由を考える

・ワーホリ渡航後のある程度の1年間プラン・スケジュールを決める

・新しい事/環境で、コンフォートゾーンを飛び出そう

・スランプ・落ち込む事は誰にでもあるから、大丈夫☆

・時には、自分がただリラックス事をしてみる

・自信は本当に大事!自信が持てなければ、まずは、自分を責めずにこれでいいんだと受け入れることから。

おわり

以上、初めてのワーホリ渡航前に心得ておきたい5つの事+でした!

日本ではできないような経験、多文化を実体験、他の国の価値観等を知れるのがワーホリの醍醐味です。

色々経験できて、知らない自分も知れる、ワーホリ最高☆

これからワーホリ行く方、または考えている方のためになればと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

ABOUT ME
ゆ~
関東生まれの27才女子。 オーストラリアで留学、ワーホリで計4年滞在。(留学3年+ワーホリ1年)現在カナダでワーホリ中♪海外生活で経験、感じた事を実録・情報ブログとしてシェアしていきます♪