カナダ

【カナダ】シェアハウスが一般的!まとめて教えます、上手な部屋探し方

こんにちは、ゆ~です!

「カナダで、実際どうやってシェアハウス探しをすればいいか分からない」
「上手な部屋探し方法を知りたい!」

本記事は、そんな方への参考記事です。

実際私も、オーストラリア、カナダで部屋探しを何度も経験し、シェアハウス生活経験3年以上です。

今回は、カナダで効率よくシェアハウス探しをするために、部屋探し方法と注意点をまとめて解説していきます。

カナダではシェアハウスが一般的

カナダでは、日本よりもシェアハウスに住むことはとても一般的です。

その理由は、アパートなどを賃貸して一人暮らしをする事は、断然値段が高いからです。

物件にもよりますが、一人暮らしするには月に$1000ドルはかかりますし、不動産屋から契約しなくてはなりません。

そのため、学生やワーホリでビザがカナダ滞在が限られている場合は、自分で家やアパートを借りて住むことは不向きです。

その一方シェアハウスは、ハウスメイトとキッチンなどは共用し、自分の部屋を借りる事で家賃も比較的安く抑えられます。

シェアハウスへ引っ越し、退去時も簡単に済ませる事がメリットです。

ホームステイを除き、日本から1人でワーホリや留学で来た方はシェアハウスに住む事が最も一般的な方法です。

知っておきたい家、部屋タイプと単語

カナダ・シェアハウス探しで、知っておきたい家・部屋タイプと共に単語を説明していきます。

・House
一軒家の事。

・Townhouse
同じ敷地内に二戸建ての様に、連続建て住宅の事。隣接していれど、家ごとに玄関やプライバシーももちろん分かれています。

・Apartment
日本のアパートメントと似たようなものです。アパートビル自体は不動産屋が管理している場合が多いです。

・Condominium/Cond
日本でいう高級マンションに近いです。管理人がいて、敷地内にはジムやプールまでもが完備のところありです。

コンドの部屋物件を購入する事もできますし、または既にいるオーナーから賃貸できる場合もあります。

賃貸となると、アパートよりもコンドの方が家賃が高い傾向です。

・Basement
半地下で区切られているスペース。ベースメント専用の玄関、キッチン、バスルーム等完備で、一軒家のベースメント部分を貸出す事があります。

私もベースメントの一部屋を借り住んでいました。

・Master Room
一般的にクイーンサイズ等の大きなベッドに、バスルームとトイレ付きが多いです。カップルや2人向けです。

・1 Bedroom
日本でいう1LDKです。キッチンリビングと別にベッドルームがあります。2、3 Bedroomsの場合はベッドルームが2,3室あります。

・Bachelor Room
日本でいうワンルームです。キッチンもベッドも全てワンルームにあります。

・Room for rent
部屋貸します。部屋探しサイトで見かける単語、ベッドルームが幾つかあるうちの一つに空きがあり、バスルームとキッチンは共同の場合を提示してる事が多いです。

・Hydro、Utilities included
家賃に電気代、光熱費込み。込みと書かれていても、Heaterやhot waterも家賃に含まれているか一応確認しましょう。

・Deposit
日本の敷金・礼金のようなもの。入居前または入居時に、家賃の2週間や1か月分ほどのデポジット代をオーナーに支払います。

家にあるものを壊す、汚す、失くしたりしなければ、退去時に通常戻ってきます。

スポンサードサーチ

自分にあった家を見つけるため、項目リストをつくる

実際に家探しをする前に、自分が住みたいと思うシェアハウス、部屋の項目リストを紙にでも頭にでもメモしておきましょう。

理由は、効率よく自分が必要とする家、部屋の優先順位を明確にするためです。

下記は例として、私がシェアハウス探しで重要視する項目です。

このようにまず、優先順位を確認し、のちに妥協できる点があるなら、枠を広げて家探しをすればいいと思います。

  • 交通面:市内からバス等で○○分以内
  • 家からスーパーなどの距離
  • 部屋に家具付き
  • ミニマムステイできれば3か月
  • 家賃予算内(月に500~650ドル)
  • ハウスメイト3人以内
  • 家賃に光熱費、Wifiなど全て込み
  • 掃除当番など特になし

以上の項目リスト以外に、不要なトラブルを避けるため、絶対にオーナーの人柄を見ておくのは必須です。

部屋探しの手順

部屋探しの基本手順はシンプルです。順番に説明していきます。

  1. インターネットなどを利用して、実際にシェアハウス探し
  2. 興味のあるシェアハウスが見つかったら、内見アポをとる。
  3. 内見
  4. 住むかどうか決める。

スポンサードサーチ

実際に部屋探しをしよう!

それでは、実際に部屋探しをしましょう!

主な部屋の探し方は下記3つです。

  • 友人、知人の口コミ、紹介
  • 学校などの掲示板から見つける
  • インターネット(クラシファイドサイト)

友人、知人からの口コミ、紹介

家探しをしているなら、友人や知人にその旨を伝え尋ねてみましょう。

紹介でシェアハウスも見つける事もあるパターンです。

友人、知人が空き部屋テナントを探しているオーナーと知り合いの場合、信頼度も高いですしとりあえず聞いてみて損はありません。

掲示板から見つける

学校などにある掲示板に、シェアハウスや空き部屋についての、張り紙が掲載されている場合があります。

掲示板があるのなら、とりあえずチェックしてみましょう。

インターネット(クラシファイドサイト)

インターネットでの部屋探しはとても一般的です。

クラシファイド(Classified)といって仕事や、家探し、中古販売などのカテゴリ別に誰でも掲載できるサイトです。

そのクラシファイドのReal Estateのカテゴリからシェアハウスのポストを見つけ、掲載者に連絡することができます。

人気な部屋は掲載後、すぐにテナントが決まってしまうので、気になるポストはすぐに連絡し内見のアポを取りましょう。

主なカナダ人、現地の方が使う英語サイトと、日本人向けのクラシファイドサイトを紹介します。

英語クラシファイドサイト

カナダ、ローカルが利用する主なクラシファイドサイトは下記3つ。

英語環境で暮らしたい方は、英語サイトからの部屋探しがおすすめ。

リンククリック後、自分の住んでいる地域を選択し、ご覧ください。

日本語クラシファイドサイト

日本人のみのシェアハウス、親日家や現地の方の代理でも、シェアハウスのテナント募集掲載されています。

カナダで主な日本語クラシファイドサイトは下記2つ

私は家探しでUsed caなどの英語サイトと同様に日本語サイトのE-Mapleも使用しましたが、

個人的に日本語サイトで掲載されているシェアハウスは、

立地や家の条件が良い割に、留学やワーホリの方向けに家賃は比較的安かったり良心的と感じました。

訪問したい家が見つかったら連絡をとろう!メール例文あり

サイトや学校等の掲示板から、内見したい家が見つかったら、掲載者、オーナーに連絡しましょう。

手っ取り早く掲載者に電話をするのも良いですが、英語を聞き取るのが不安、電話が苦手な方はメールやテキストを送りましょう。

家の内見に行きたい旨を伝える、メール例文はこちら▼

Hi There,How are you?

I am 自分の名前,from Japan.

I saw your post onサイトの名前 and I am wondering if the room is still available.

Currently,I am looking for a place to live.

Let me know if I can have a viewing at your house.

I look forward to hearing from you

Kind Regards,

自分の名前

あくまで例文ですので、お部屋見学に行きたいという事が伝わればOKです。

見学時に聞きたい事は色々質問すべきですが、家を訪問する前に確認したい事があるなら、先に質問しましょう。

例えば、

Hi There,

My name is ○○, I’m a Japanese female, currently looking for a place to live in場所

I saw your post on 掲載サイト名  and I am wondering~に続き質問例以下▼

~what minimum length of stay is/ how long the lease is(最低限住む期間/部屋の貸し期間はどのくらいですか)

~if the room is all furnished (部屋は全て家具付きですか)

I look forward to hearing from you.

Kind Regards,

自分の名前

スポンサードサーチ

実際に内見しにいこう

オーナーとのメッセージや電話での内見アポ取り後、いよいよ内見です。

1人で他人の家を訪れるのが不安、第3者の意見が知りたい場合は、友人などと一緒に行っても問題なしです。

第一印象は大事ですので、挨拶と笑顔は忘れずに(笑)

ここで一通り、質問など聞き、確認しておきましょう。下記例▼

  • 交通面(バスや電車)
  • 利便性(スーパーなど)
  • 金銭面の確認(家賃、デポジットの支払い方、デポジットは退去時戻ってくるか、光熱費やWifiは全て家賃に込みか
  • ハウスルールなど(ランドリーの回数、掃除当番など)
  • 他のハウスメイトは?(国籍、職業など)
  • 家のカギと部屋のカギ渡されるか?
  • ミニマムステイ前に退去したい場合

不要なトラブルを避けるため、個人的には入居前に万が一の事も聞くタイプです。

例えば上記で挙げたように、ミニマムステイが最低6か月住むことが条件だけど、その前に都市移動などで引っ越す場合は?

ほとんどの場合は、代わりのテナントを探すか、引っ越しても家賃を自分が肩代わりするようにと答えられます。

他にもハウスメイトと生活リズムが全く合わないと、しんどい場合もあるので学生か働いているかくらいの軽い質問もオーナーに聞いておきます。

結局は、シェアハウスに住んでみないと分からない事も多々ありますが。気になる点は聞いておきましょう。

そして、ハウスオーナーの人柄も重要だと思います。

のちに、職場や学校でカナダでの現地緊急連先の相手として書類記入の場合や、困ったときに聞きやすい相手がいると、とても有り難いです。

部屋をきめる

全て確認し、住みたい場合は、その旨を伝えましょう。

デポジットの支払い、入居時の事について説明と共に、契約書にサインする場合もあります。

他の家も見てみたい、何か引っかかる場合は、他の内見アポもあるから後日連絡すると伝えましょう。

私個人ですが、内見した部屋が気に入っても、一度冷静に自分で再確認するために、内見終わりの数時間後に住みたい旨を最終決断として伝えるタイプです(笑)

ですが、他にも内見者がいる場合は早い者勝ちなので、状況によってはあまりおすすめはできません。汗

部屋探しでの注意点、詐欺(Scam)に気をつけよう

クラシファイドサイト等から、家の内見をしたいと連絡すると

何かと理由をつけて、内見させずに家賃やデポジットを先に支払わせ、その後、家のカギやドアのコードナンバーを教えるといい、

実際には住めない詐欺があるので要注意です。

連絡はこまめで、家の写真や住所を教えるにも関わらず、何かと理由をつけて内見をさせてくれないのは、詐欺です!

一見、引っかからないと思うかもしれませんが、詐欺師は理由をつけるのが上手です。

必ず、部屋探しの際は、オーナーや掲載者と会い、内見してから決めましょう。

おわり

いかがでしたか?

以上、カナダでのシェアハウス、部屋探し方法をまとめて解説しました。

オーストラリア同様、カナダでも今回ご紹介した方法で、私も実際にシェアハウスを探しました。

オーストラリア、カナダ含め、今まで家探しへの内見は20軒ほど、そのうち5軒ほどのシェアハウスに住みました。

留学やワーホリ生活をするうえで、快適な家、部屋を得ることはとても大事な事だと思います。

カナダでスムーズに自分に合った家に見つかればと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
ゆ~
関東生まれの27才女子。 オーストラリアで留学、ワーホリで計4年滞在。(留学3年+ワーホリ1年)現在カナダでワーホリ中♪海外生活で経験、感じた事を実録・情報ブログとしてシェアしていきます♪