カナダ

【カナダ・ワーホリ】どうやって求人見つける?賢い仕事の探し方!

こんにちは、ゆ~です♪

カナダでワーホリや留学にきたら、カフェやレストランなどのホスピタリティージョブを探す方が多いと思います。

そんな私もカナダでバリスタしてカフェで働いています。

そこで今回は、カナダでの一般的なカフェやレストランでの仕事の探し方について解説していきます!

【カナダ・ワーホリ】賢い仕事の探し方

カナダにきて、ワーホリや留学生が働く主な職種は、観光業やカフェやレストランなどのホスピタリティージョブ。

本記事では、ホスピタリティージョブの仕事の探し方に着目しています。

効率良く、自分にあった仕事につく参考になればと、まとめて下記項目別に解説していきます!

  • 就きたい仕事環境を明確にする、プライべートと仕事のバランスも考える
  • 見やすく、良いレジュメを作成する(現地の人に添削してもらう)
  • 実際に仕事の探し方、(レジュメ配り、求人の見つけ方)
  • 面接に呼ばれたらすべきこと

就きたい仕事のリストを作成し、明確にする

とりあえず、仕事が欲しい!という方はこちらは飛ばして構いません。

挑戦したい職業や、オシャレなカフェやレストランで働きたいと思うなら就きたい仕事のリストを作成しましょう。

仕事探しでのモチベーションになったり、うまくいかずブレた時に見返す事で、

自分がどのような仕事に就きたいか、何のために働きたいのか明確にするためです。

ワーホリできて、最初の3ヵ月ほどは学生をし、

その後仕事に就くも、働き過ぎてワーホリしている意味が分からない。。楽しくない。。

なんて自体に陥らないように、プライベートと就業時間のバランスも考えましょう。

そしてリストを作る事は、イメージトレーニングとしても役立ちます。

せっかくカナダに来たのなら、試しに自分が働きたいと思える職場を探す事も経験です。

下記、私が仕事探し時に作成した、希望リストの一部▼

  • カフェでバリスタとして働ける
  • コーヒーにこだわりがあるところ
  • 雰囲気が良い
  • ローカルで英語環境な職場
  • 週に30~35時間就業
  • 交通面、家から30分以内

このように、自分が働くうえでの仕事重要視リストを作成することで、ほんとに希望の職につく事は可能です。

もちろん、100%希望通りの職場環境につくという保証はできませんが、試しにトライするのは断然ありです。

スポンサードサーチ

レジュメを作成

仕事探しの前に、レジュメを作成しておきましょう!良いレジュメが無ければ、面接にも呼んでもらえない事もあります。

レジュメは現地の人や、語学学校などに通っているのであれば、学校の先生に添削してもらいましょう。

日本は未経験大歓迎という仕事の多いですが、

オーストラリアやカナダでは経験重視ですのでとりあえずアプライする仕事関連の経験内容はレジュメに書きましょう。

レジュメの見栄えが大事ですので、謙虚すぎずに少しでも経験があるならレジュメに書いちゃいましょう!

経験が少ないのなら、盛りましょう。経験歴3か月のところを1年など。(笑)

まずは、面接によばれる事が大事です!

実際にカナダでの仕事の探し方

レジュメを完成させたら、実際に仕事探しを始めましょう!

下記、主な仕事の探し方を説明していきます。

  • レジュメを配り歩く
  • 友人、知人からの紹介
  • WEBやSNSから求人を探す

スポンサードサーチ

レジュメを配り歩いて、仕事探し

レジュメを直接店に持っていき、配るという方法もカナダの仕事探しでは一般的です。

レジュメを直接配り歩くという行為は、勇気と気力がいりますが、試す価値ありです。

2つのシチュエーションに分けてレジュメ配りを説明していきます。

スタッフ募集していると分かっている場合

求人サイトやお店のドアや窓に、Help wanted ,Staff Wanted, We are hiring nowなど張り紙があり、

店がスタッフ募集していると分かっている場合は、直接マネージャーやオーナーがいるか聞き、レジュメを渡しましょう。

挨拶と笑顔を忘れずにです☆

例えば、

Hi, How are you?

Actually I’m looking for a (waiter/barista )job. Is it possible to see the Manager now?

マネージャーやオーナーが不在の場合は、マーネージャーの滞在時を聞きに後日渡すか、レジュメを渡しておいてもらいましょう。

I’ll come back または

Could you please give my resume to the manager/ownerと伝えます。

スタッフの方からレジュメを聞かれ、渡しておくと言われることもよくあります。

募集しているか分からないけどレジュメを配る場合

とりあえず、働いてみたいお店があるなら、レジュメを持っていき、スタッフ募集しているか聞いてまわりましょう。

できれば、マネージャーやオーナーと話せた方がいいので、いるか聞きます。

以下例文▼
Hi How are you?
I was wondering if I could talk to the manager/owner?

仮にマネージャーに会えたなら求人募集しているか尋ねましょう。

再びマネージャーに挨拶後に、Actually I am looking for a○○job. Are you hiring staff now?

募集しているなら、レジュメを渡し、何でもいいので軽く自分をアピールしましょう。

経験があるなら、経験を。いつからでも働けるなら I am available anytimeといい伝えましょう。

何か少しでも良い印象を残せられると良いです。

レジュメを配りまくる方法は、得意・不得意があると思いますので、試しに挑戦してみましょう。

レジュメをたくさん配りまくれば仕事をゲットするチャンスも大きくなります。

もちろん時期やタイミングですので、3枚レジュメを配っただけで仕事をゲット!なんて事もあります

私はオーストラリアで、レジュメを配りまくった事はありますが、この方法は自分には向いていないと気づきました(笑)

友人・知人からの紹介

仕事を探してる場合、友人や知人にその旨を伝えましょう。友人・知人を通して仕事を紹介してもらえる可能性は充分あります。

友人の友人から仕事をゲットすることだってよくある話ですし、仕事探しでは一番効率がよい探し方といえます。

紹介で仕事をゲットする方法も、とてもオーストラリアやカナダ等では一般的です

例えば、友人や知人がカフェやレストランで既に働いていて、そこが丁度スタッフ募集の求人をかける前の状態だったりする場合があるからです。

友人や知人の紹介だと、カフェやレストランのオーナーやマネージャーから既に信頼を得やすいことも事実です。

スポンサードサーチ

WEBから仕事求人を探す

WEBで仕事の求人を見つけ、メールでアプライしたり、求人のお店へ行き直接レジュメを持っていく方法です。

メールでレジュメ添付応募だと、返信が来ない場合があるので、

誠意とやる気(笑)を見せるためにも、メール応募+直接レジュメを渡すことをおすすめします。

カナダで主に使用されている求人、クラシファイドサイトは下記です。リンククリック後、自分の住んでいる地域を選択しご覧ください。

カナダ:英語サイト

日本語サイト

インスタやFBを利用して仕事求人を探す

意外と求人サイトに載ってない求人情報を、

カフェやレストランのFacebookやInstagramにのみ求人募集ポストを載せている場合があります。

私はこの方法で、カナダにきてバリスタジョブに就きました。

慣れない土地で、まずカフェやレストランの名前も分からないから、どのインスタグラムを見ていいか分からない。という人も大丈夫!

例えば私の仕事探しの場合は、

カナダのビクトリアでコーヒーにこだわってるカフェでバリスタとして働きたかったので、

まずgood coffee, cafe, Victoria等でググりました!w

そうすると写真付きの良さげなカフェが出てきますので、そのカフェの名前をメモするか、

さらに気になるカフェをググればFacebookやInstagramが見つかるはずです!

インスタやFBに必ずしも求人情報が載ってる場合があるわけではないですが、

調べてみてはいかがでしょうか。

面接に呼ばれる

求人にアプライ後に、無事面接連絡。

面接に呼ばれたら、レジュメを一応度持参しておきましょう。

服装はそこまで気にしなくてもよいですが、派手な服装やヒールなどは避けましょう。

面接は自分をアピールするチャンスです!

とりあえず、笑顔、自信、フレンドリーさを忘れずに

カナダではカフェ面接に4件いきましたが、面接で聞かれた内容は

  • 自分自身について、自己紹介(経歴やバックグラウンド)
  • 得意な事、または不得意
  • 仕事するにあたり、スケジュール
  • そのカフェについて

などです。

可能であれば、面接者がスタッフを雇うのに、何を重要視しているか読み取れると良いです。

面接者が○○できる?など言われたら、できないといわずに、

とりあえずYES!(笑)やできなくてもやる気があるなど何事もポジティブに言いましょう。

例えば、以前面接での質問一例が▼

「お客さんは世間話が好きで、会話するのが大好きだけど、そういうの得意?」

と聞かれ、苦手ですがもちろん、

YES!特に話を聞くのは得意です」

という感じに答えました(笑)

そして、自分を雇えば、どんな利益をもたらすのか、深く考えずに自信をもって伝えましょう!

真面目、気が利くというのも立派なアピールポイントです。

例えば、私が今までにいつも面接時に伝え、アピールすることは経歴の他に、

「ただ何でも仕事を探しているのではない。

自分のパッションと経験を活かせる仕事を探してる。それと同時に新しい事などを習うのにもオープンです。」

I am not just looking for any job. I am looking for a job that I dedicate my passion and my experience to work.

Also,I am very willing to learn new things, skills too.

と伝えています。

大したことないように見えますが、このように誠意を見せると伝わる時は伝わるものです。

あくまでこれは私の例なので、なんでも自分のアピールポイントがあるなら、フレンドリーに伝えましょう。

ここまで面接でのポイントを説明しましたが、

カフェやレストランでの面接は形式ばったものではないので、リラックスして出陣してださい。

まとめ

  • 見栄えの良いレジュメを作成しよう!
  • レジュメを配り歩いてみる!
  • 友人・知人に仕事募集について聞いてみる!
  • WEBから仕事求人を探してアプライ!
  • FacebookやInstagramを駆使しよう!
  • 面接では自分をアピールしよう

おわり

以上、カナダでの主な仕事の探し方でした!

カナダ以前に、私はオーストラリアで留学・ワーホリを経験し、仕事をしていました。

そして、カナダの最初の職場はカフェ・レストラン、2件目はカフェと両方ともローカルでバリスタとして働いています。

素敵な仕事をみつけて、楽しんでください♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
ゆ~
関東生まれの27才女子。 オーストラリアで留学、ワーホリで計4年滞在。(留学3年+ワーホリ1年)現在カナダでワーホリ中♪海外生活で経験、感じた事を実録・情報ブログとしてシェアしていきます♪