カナダ

【カナダ】ビクトリアで見かけるスーパーを比べながら、まとめ紹介!

こんにちは、ゆ~です。

「カナダ・ビクトリアには、どんなスーパーが揃っているの?」
「日本食やアジア食品が手に入りやすい、スーパーが知りたい」

そんな方のために、ビクトリアにあるスーパーをまとめて紹介します。

ビクトリアにワーホリできて、一通りのスーパーに行ってきましたので、

日本人には使いやすいスーパーから、ローカルのスーパーまで比べていきます!

BC州大手スーパー:Thrifty Foods

Thrifty Foods(スリフティーフーズ)は、カナダ・ブリティッシュコロンビア州を拠点に展開する大手スーパー。

ビクトリアにも数多くあり、中でもJames Bay(ジェームスベイ)とQuadra(クアドラ)店は24時間営業しています。

ビクトリアでは、なかなか24時間営業しているお店は少ないので、とても有り難いです。

食料品の値段は、セール品でない限りそこまでお得ではないかなと印象。しかし品ぞろえは抜群です。

日本より、エコバック使用率が多いカナダ。
Thrifty Foodsのエコバックも多種類あり、デザインがかわいくおすすめです。

カード発行でお得:Save-On-Foods

カナダ西部を中心にチェーン展開する、大手スーパーSave-On Foods(セーブオンフーズ)は、ビクトリアに8店舗あります。(2019年現在)

セーブオンフーズを日常的に使用するなら、More Rewardsというカード登録・発行すると便利でお得に利用できます。

カードを持っているのと持っていないのでは、商品の値段が違ってくるのでご注意を。

スポンサードサーチ

好立地、ダウンタウン内:Market on Yates

ダウンタウンで一番大きなスーパーといえば、Market On Yates(マーケットオンイェーツ)。

名前の通り、Yates St(イェーツストリート)に位置します。
店内では、デリやベーカリー、ランチスペシャルも行っています。

他のスーパーと比べ、食料品は安くはありませんが、ダウンタウンで買い物をするには便利です。

ちなみにMarket On Yatesの隣には、Sakura(サクラ)マーケットという小さな日本食料品店があります。

食料品の他に、おにぎりやスシ等の食事販売もしているので、持ち帰りにも便利ですよ☆

ダウンタウンには、以前の記事でも紹介した:量り売りで食品が買える、便利なバルクバーンもあるので宜しければ参考にご覧ください。

新鮮なローカル野菜などが豊富:The Rootcellar

ビクトリアのローカルスーパー、The Rootcellar(ルートセラー)は2008年にオープン。

バンクーバー島で採れた野菜やフルーツなどローカル商品が豊富にそろっているので、新鮮でローカル食品好きな方にはおすすめです。

食品以外にも、ガーデンにぴったりの植物やハーブの販売もしています。

店内の雰囲気もローカルスーパーらしい可愛さかつ、カフェコーナーもあるのでホット一息したい方にもおすすめです。

スポンサードサーチ

サンドイッチがおすすめ:Red barn

ローカルスーパー、ビクトリア発のレッドバーン(Red Barn)は、計7店舗あります。

おすすめは、レッドバーンのサンドイッチ!

店内サンドイッチカウンターで、好きなパン、野菜やチーズ、ハムなどの具材を選んで作ってくれるんです。

自然の多い、ビクトリア。
休日に、自分好みにカスタムしたサンドイッチを持って、ピクニックにもおすすめです♪

ローカルスーパー:Country Grocer

バンクーバー島、ナナイモ発のCountry Grocer(カントリグロッサー)は、バンクーバー島とソルトスプリング島のみチェーン展開しています。

ローカルスーパーだけに、バンクーバー島のチキンや牛肉などの肉類も豊富で、新鮮かつリーズナブルな価格で販売しています。

郊外、Esquimaltのカントリーグロッサーは大きく、同じ敷地内にはその他カフェや薬局などの店が連なっており、大変便利です。

スポンサードサーチ

安くてボリューミー!Real Canadian Superstore

カナダで安いスーパーといえば、Real Candaian Superstore(リアルカナディアンスーパーストア)

カナダサイズで量が多く、安いので節約したい方・大家族にはおすすめです。

スーパーストアは、ビクトリアのダウンタウンから車で25分程と離れた、Langford(ラングフォード)にあります。

オーガニック系:Wholefoods Market

アメリカ発のWholefoods Market(ホールフーズマーケット)は、カナダ国内へもチェーン展開しているオーガニック系のお高めスーパー。

ビクトリアには、ショッピング施設が集まる、アップタウン内にホールフーズは入っています。

店内には、通常の食料品販売の他に、カフェや軽量式で値段が決まる、豊富な種類の料理が並んでいます。

持ち帰りまたは、店内でも食事ができるので、ビュッフェ感覚で楽しめ、家族向けにもとても便利です。

食料品から洋服まで:Wallmart

アメリカ発のWalmart(ウォールマート)は、大手チェーン店で、食品から洋服や家具まで幅広く取り扱っており、安い事で知られています。

ビクトリアには、ホールフーズと同じくアップタウン内に1店舗、ラングフォードに1店舗あります。

食品や服などお得に済ませたい方は、ウォールマートへいってみることをおすすめします。

アジア食品の品ぞろえ抜群:Fairway Market

バンクーバー島でチェーン展開する、Fairway Market(フェアウェイマーケット)はアジア食品が多く揃うスーパー。

日本食のための調味料や、アジア各国の調味料や野菜なども一通りそろっています。

特に、フェアウェイマーケットQuadra店(クアドラ)は1番大きく、商品類も豊富でおすすめです。

ビクトリアに住む、日本人にはとても有り難いスーパーです。

おまけ:日本食料品店といえばFujiya(フジヤ)

フジヤはスーパーではありませんが、ビクトリアで日本食料品店といえばFujiya(フジヤ)は欠かせません!

ビクトリアで1番、調味料や日本食料品が揃っており、私もよくお世話になりました(笑)

スシや丼ものなどの食事も豊富に販売しており、カナダ人にも人気なフジヤはたいてい混んでいます。

ダウンタウンからフジヤまではバスで約20分ほどですが、日本食材に困ったらフジヤへ行ってみてはいかがでしょうか。

おわり

以上、ビクトリアで見かけるスーパーをまとめて紹介しました。

全ての方とはいいませんが、ビクトリアの現地の人やビジネスも、

ローカルプロダクト(バンクーバー島、現地で採れたもの)を好む傾向にあるな~と住んでみて感じました。

海外のスーパーは、日本には無いような商品もあるので、個人的に大好きです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

ABOUT ME
ゆ~
関東生まれの27才女子。 オーストラリアで留学、ワーホリで計4年滞在。(留学3年+ワーホリ1年)現在カナダでワーホリ中♪海外生活で経験、感じた事を実録・情報ブログとしてシェアしていきます♪