カナダ

【まとめおすすめカフェ】カナダ・ビクトリア ダウンタウン内

こんにちは、

相変わらずビクトリアでも、バリスタとして働き、趣味でもカフェ巡りをしているゆ~です♪

観光やショッピング後の休憩にも便利で、美味しいコーヒーも味わえるおすすめカフェを知りたいですか?

今回は、ビクトリアのダウンタウン内にある、おすすめ人気カフェをまとめて紹介してきます!

コーヒー好きは知っている:Discovery Coffee

コーヒー好きなローカルが必ず知っているカフェ、Discovery Coffee。

自社でロースタリー(コーヒー焙煎所)もあり、こだわりのコーヒーが味わえます。

ビクトリアに5店舗カフェがあり、そのうち4店舗訪れましたが、行ったところ全て居心地が良く、コーヒーも最高です。

ダウンタウン内にあるDiscovery店舗は、店内はモダンで白と緑が基調となっており

暖かいシーズンには、ローカルも好むアウトドアエリアもあります。

カウンターに並ぶYonni’s Doughnutsのドーナツは美味しいとコーヒー同様に人気!

人気の種類のドーナツは早めに売り切れてしまう事もあります!

一人でものんびりできる:Habit Coffee

Pandora avenue店内

ビクトリア、ダウンタウンに2店舗あるHabit Coffee. Pandora Avenueにある店舗のほうが広めで、個人的にはこちらの方が一人でぼーっとするには快適なカフェです。

Yate St店内

もう一店舗のカフェは、Yate stにあります。こちらの方は同じ系列とはいえど、モダンな雰囲気です。店内は明るいし、トイレも綺麗w

ビクトリアのロースタリー(コーヒー焙煎所)Bows & Arrowsのコーヒー豆を使用しており、こだわりのコーヒーが味わえます。

スポンサードサーチ

ナチュラル系カフェ:Wild Coffee

Wild Coffee店内

ビクトリアダウンタウンにあるWild Coffeeは、グルテンフリーや、ビーガン・ベジタリアン向けの健康的なカフェです。

店内の雰囲気もナチュラル系w 店内の座席、テーブルの間隔もゆったりしていて居心地よいです。

二階もちょっとしたスペースがあり、二階の照明はオレンジ系で、チェスなんかもあってオシャレで落ち着きます。

レンガ調が特徴的:Union Pacific Coffee

外観

ダウンタウン・チャイナタウンエリアに位置するUnion Pacific Coffee. レンガ調の店内、照明やインテリアがかわいいんです♡

時間帯にもよると思いますが、訪れた時は込み合っていました。

店内にあるSocial Tableと書かれたエリア

パソコン作業している人も多い事か、Social Tableと書かれたテーブルはコンピューターや勉強する人以外のためのテーブルエリアもあり、良いアイディアだと思います♪

メープルラテを頂きましたが、メープルシロップの甘いコーヒー美味しかったです♡

コーヒーはもちろん美味しいですが、カナダらしさを味わえるメープルラテもおすすめします☆

スポンサードサーチ

マーケットスクエアすぐ:Hey Happy

Hey Happy、もうカフェの名前が可愛くありませんか♡?w

私が訪れた時は、店内が込んでいたので持ち帰りでコーヒーをオーダーしました。店内はモダンな雰囲気でスタイリッシュです。

私はよくラテを注文するのですが、ミルクの温度も熱すぎずちょうどよかったです。

余談ですが、コーヒー文化のメルボルンにいた時はラテなどのスチームミルクの温度はミルクの良さを引き出すために、飲みやすい温度のミルクコーヒーが多かったです。

けれどもカナダのカフェでは時々めちゃめちゃ熱いラテなどのところあって、最初はビックリしましたw

話をもどしまして、カフェのロケーションはJohnson St、マーケットスクエア内にHappyカフェがあります。

チャイナタウン内雰囲気◎カフェ:Bean around the world

店内

バンクーバー発のBean around the worldカフェ。たしかにバンクーバーに行った時に何店舗か見かけ、気になっていました。

ビクトリアにはチャイナタウン内にあります。チャイナタウンにあるためか、外観の窓には珈琲と漢字で書かれていました。

夕方に行ったこともあり、店内は静かで木調の店内の雰囲気がとても落ち着きました♪

スポンサードサーチ

お土産屋、インナーハーバー散策後にMilano Coffee

ミラノコーヒー店内

バンクーバー発祥のミラノコーヒーは、ビクトリアではこの一店舗のみです。カフェの場所は観光名所インナーハーバーの近くでもあり、お土産やさんが並ぶGovernment Stにあるので好立地です。

白を基調としている店内はシンプル且つ清潔感あふれます☆

ウィンドウ近くに座って、ストリート沿いを眺めながらのんびり休憩するのも良いですね♪

ビクトリアのロースタリーカフェ:2% Jazz Coffee

オレンジカラーと、%マークが印象的な2% Jazz coffee。ロースタリー(焙煎所)もある、2%Jazzはビクトリアに2店舗あります。1店舗は郊外のHillside Aveにあり、もう1店舗はダウンタウン内のDouglas Stにあります。

まだ試したことはありませんが、ショーケースにあるEmpire donutsもおいしそうでした。すぐにテイクアウトして食べれるサンドイッチなどの軽食もあるので朝食にも便利!

Cafe1891

2月にオープンしたばかりのこちらのカフェはパンドラアベニュー、ジョンソンストリートブリッジのすぐそばにあります。

レンガ調のビル、店内に入ると白を基調としていて広々していました。リノベーションしたばかりの様子でトイレも綺麗でした笑

写真の左のコーヒーは、トラディショナルスタイルのカプチーノ、右はエスプッソの味がより楽しめるマキアートです。

余談ですが、カナダのマキアートはオーストラリアのマキアートよりスチームミルクの量が多いです。w

バリスタも客として通う:Saint Cecilia

2019年3月にオープンしたばかりのセイントセシリア。

コーヒーメニューは、Pour Over(ハンドドリップ)エスプレッソ、フラットホワイト(2ショットにスチームミルクと少しのフォーム)の3種類のみというミニマリストです!

コーヒーメニューは3種類なものの、コーヒー豆は全てスペシャリティーコーヒービーンズで、様々なコーヒー豆の中から選べます。

毎週コーヒー豆のメニューも変わるので、例えるならまるでコーヒー豆のライブラリーですw

コーヒーオタクずきにはたまらない場所です!w実際に多くのバリスタやロースタリー勤める方がお客として訪れるほど

苦いコーヒーが苦手の方は、Pour overまたはフラットホワイトをおすすめします☆

コーヒーの他にもドイツのソーダもあります。カフェ以外にもヨーロッパからの肌触りの良い服も販売しています。

おわり

以上、ビクトリア・ダウンタウン内にある、おすすめ人気カフェを紹介しました!

ビクトリアのダウンタウンは歩いて回れる規模なので、ご紹介したカフェもダウンタウンにいれば歩いて行ける距離です♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
ゆ~
関東生まれの27才女子。 オーストラリアで留学、ワーホリで計4年滞在。(留学3年+ワーホリ1年)現在カナダでワーホリ中♪海外生活で経験、感じた事を実録・情報ブログとしてシェアしていきます♪