カナダ

魅力あふれるカナダ・ビクトリアのおすすめ自然スポットを紹介!

こんにちは!

カナダ・ビクトリアで1年間のワーホリを終えた、ゆ~です♪

ビクトリアの魅力の一つは、なんといっても街中に自然あふれるところ!

  • 旅行では、買い物や定番の観光スポットよりも、自然を楽しみたい。
  • これからビクトリアへ留学またはワーホリで行く方

上記にあてはまる方は、参考にぜひご覧ください。

魅力あふれるカナダ・ビクトリアのおすすめ自然スポットを紹介!

今回は定番の観光スポットではなく、ローカルにも人気で、私も大好きなおすすめ自然スポットを紹介しています。

ビクトリアのおすすめ定番観光スポットは以前の記事:【カナダ・ビクトリア】行ってほしい、おすすめ観光スポット紹介♡をご覧ください。

それでは、順番に紹介していきます。

水平線と大空が広がる:Ogden Point Breakwater

目の前にあるのは、まさに海に囲まれ、水平線と空!とすばらしい景色がまっていま。

Ogden point Breakwaterは通称ブレークウォーターと呼ばれ、灯台まで行ける道は、散歩にもおすすめです!

夕日を見るのも最適ですし、晴れた日には青空が広がっています。ビクトリア滞在の際には、ぜひ行ってほしい場所です。

閑静な住宅街に囲まれた自然スポット:Gorge Waterway

ビクトリアハーバー(海)からつながっている、ゴージーウォーターウェイは閑静な住宅街に囲まれています。

湖のように、静かに流れる水の周りを木々が囲んでいます。ウォーターウェイ沿いの道は、舗装されているので、近所に住んでいるのなら散歩コースに最適です。

近くには、Bakeology Cafeというかわいいベーカリーカフェがあるので、朝ごはんやカフェタイムにもおすすめです。

下記、Mapはbakeology Cafe

緑と海に囲まれた:Fleming beach/Macaulay Point Park

郊外、Esquimort(エスクワイモルト、エスキモルト的発音w)には、住宅街とカナダ軍基地、フォースベースがあります。

そんな閑静な住宅街に、ロッククライミングや小さなビーチがあるFleming Beachと、犬の散歩やバードウォッチングにも好まれるMacaulay Point park(マカーリーパーク)があります。

その他にも、マカーリーパークよりは小さいですが、自然あふれるSaxe Point Parkもすぐ近くにあります。

ピクニックにぴったりなエリアもあるので、のんびりしたい時にはぴったりです。

泳ぐ!カヌー!ウォーキングまで:Thetis Lake テティス湖

ビクトリアのダウンタウンから、車で約20分ほど。

テティスレイク(英語発音むずいw)は、泳ぐ人から湖のまわりをウォーキングする人まで。現地ファミリーから、友人同士で自然を楽しんでいます。

夏の週末に行きましたが、砂浜ビーチでは水着で泳ぐ人たち、広い湖ではカヌーをしたりと、にぎやかでした。

ウォーキングトレイルも複数あり、湖を一周する簡単なコースはのんびり歩き、休憩含め2時間ほどで一周しました。

運動苦手な私でも、歩きやすいコースでした♪
そして犬たちも、飼い主と一緒に散歩やカヌーを楽しんだりしていました。

Gold Stream ゴールドストリーム州立公園

ラングフォードというエリア(Langford)にある、ゴールドストリーム州立公園。

冬前にはサーモンの産卵が見えることで有名な場所です。(通称サーモンラン)

もう一つは、ゴールドストリームトレッセル。(廃止された線路がある橋)

この橋は私有地であり、安全性にも欠けるため公式のハイキングコースではないのですが、写真スポットでも有名なわけです。

橋の上を歩くことはおすすめしませんが、木々に囲まれ、滝もあるゴールドストリーム州立公園でのウォーキングは自然をたっぷり感じられます。

ウォーキングトレイルにもよりますが、運動不足だと筋肉痛になります(笑)

*州立公園外には、車道ハイウェイがありますので、くれぐれも間違えて車道に出ないようご注意ください。
詳細記事:【カナダ・ビクトリア】自然豊かな、ゴールドストリームへ!

見晴らし最高、360度の絶景!Mount Douglas マウントダグラス

写真が下手で、実物の良さを表せないのが申し訳ないです汗

ビクトリアの郊外サンニチ(Sannich)車で頂上にも行ける、マウントダグラス。通称マウントダッグ的言い方でローカルに呼ばれています。

短いコースで頂上までは徒歩30分(往復1時間)です。やはり山なので坂道をずっと登っていく感じです。
360度見渡せる景色は、絶景です!

快晴の日には、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

ビーチでのんびりするなら:Willows beach ウィロウズビーチ

冬の様子。夏は活気溢れます

郊外Oakbay(オークベイ)にある、ウィロウズビーチはバスでも行きやすい場所です。

ローカルに親しまれ、犬の散歩から、のんびりビーチでくつろぐ人が見られます。特に夏は人々で賑わっています。

ビーチ近くには、フィッシュアンドチップス店やカフェもあるので、テイクアウトしビーチで食事を楽しむのもおすすめです。

雲もない、快晴の日にはアメリカのマウントベーカーという山も見えます。

ウィロウズビーチは、ダウンタウンからもバスで一本でいけるので、アクセス面が良しです☆

関連記事▼
ビクトリアに来たら、寄ってほしい郊外!オークベイとは?

穴場スポット!Tod Inlet

ビクトリア・ダウンタウンから車で25分ほどのところにある、Gowlland Tod(ゴウランドトッド州立公園)

自然あふれるトッド州立公園内にある、Tod Inlet(トッドインレット)までのハイキングコースをご紹介します。

約1時間ほどのコースで、ハイキング初心者にも比較的歩きやすいです。

高い木々、様々な植物や野鳥とカナダらしい自然を感じられます。海辺ではカヤックを楽しむ人も見かけました。

トッドインレットコース詳細は、Victoria Trails掲載、こちらのページが参考になると思います。(英語表記)

スポンサードサーチ

歴史好きには:Fisgard Lighthouse National Historic Site

Fort Rod Hillに、象徴的なフィスガード灯台があります。

カナダ軍の歴史も学べるので、歴史好きにはおすすめです。灯台の中も見学ができるので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

私が行った頃には、広い芝生には、カナダグース(鳥)がたくさーん!いました。なんと、敷地内で、野生のアライグマの親子も発見しました!

敷地に入るには、入場料が4ドルほどかかります。(一般大人料金)

おまけに

ビクトリアは海と緑にあふれています。至る所に公園や、今回紹介した自然スポットなどがあり、現地人々の日常生活には欠かせないものとなっています。

週末には、友人や家族と自然を楽しむ。そのような生活ができることをとても素晴らしいと感じました。

デメリットをいいますと、今回紹介したような自然スポットへ行くには、車やバイク(自転車)がないと、アクセスが不便なとこです。

バスでも行けるところもありますが、時間がかかる事は確実です(涙)

バスで行く場合には、事前にリサーチし、時刻表を確認する事をおすすめします。

スポンサードサーチ

おわりに

以上、ローカルにも人気の自然スポットを紹介しました。

ハイキングや自然好きの方への参考になればと思います。

今回紹介したスポット含め、その他ビクトリアのハイキングコースを知りたい方はVictoria Trails(英語表記)サイトがおすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

ABOUT ME
ゆ~
関東生まれの28才女子。 オーストラリアで留学3年、ワーホリ1年の計4年滞在後、カナダで1年ワーホリ。海外生活は計5年。現在帰国し、日本にいます。海外生活で経験、感じた事を実録・情報ブログとしてシェアしていきます♪