カナダ

カナダで学生・ワーホリに人気&稼げる仕事を解説!

こんにちは、ゆ~です♪

カナダでワーキングホリデー/学生生活。これから仕事探しを始めるところ。ワーホリが就きやすい、または人気な仕事ってなんだろう?

ついでに稼げる仕事や、給料の支払い方など知りたいな。

本記事では、上記の方向けに書いています。

そんな筆者も、カナダで1年ワーホリ済み。実際にワーホリをして、分かった事を含め、解説しています。

カナダで留学生・ワーホリに人気な仕事とは?

留学生やワーホリに人気な仕事は、主に以下です。

  1. ジャパニーズレストラン(ジャパレス)
    比較的、就きやすい職業。カウンターからホール業務まで、店により業務は異なる。オーナーが日本人ではない事も多々あり、接客も英語なので、英語を学びながら仕事ができる。
  2. ホテルのフロントスタッフやハウスキーパー
    フロントスタッフは、接客業なので英語力が必要。ハウスキーパーは、部屋の清掃などの業務なので、接客は無し。
  3. レストランやカフェでの仕事
    ジャパレス問わず、一般的なレストランやカフェでもある程度の英語力は必要。
  4. お土産ショップなど
    お土産屋さんなど、販売での仕事。日本人の観光客向けに、日本語が話せる事はメリット。
  5. 観光関連など
    ツアーでの案内や、チケット販売など様々。英語力と同時に、観光関連の仕事経験があると好ましい。
  6. 美容師などのスキル職
    日本で、美容師やネイル業務などの経験者は有利。スキル職保持で、現地のサロンに勤務(日系向け等)や、個人で口コミやネットを利用し、仕事をする方法あり。
  7. マッサージ
    経験者は優遇。経験がなくても、現地の職場でトレーニング期間を得て働くことも可能。また、あやしい職場もあるので注意が必要。
  8. ナニー/ベビーシッター
    学校にお迎えや、家での赤ちゃん・子供のお世話など。中には日系家族の子供に日本語を教える業務も。ベビーシッターは、パートタイムが多いので、他の仕事と掛け持ちする事あり。公式に働くためには、カナダ移民局へ申請する書類などあり。

上記のように、レストランなどの接客業務・ホスピタリティージョブや、美容師などスキルを活かした仕事が人気です。

その他にも、留学会社など事務仕事も見かけます。しかし、英語力や経験と同時に、永住者や長期滞在できる方が優遇されます。

ワーホリは1年間という期間から、就きにくい職種があるのは事実です。しかし、上記にあげた職種など、仕事に就けるチャンスはたくさんあります♪

カナダの州の最低賃金(一部)

ワーホリや留学生も好んで住む、主な州の最低賃金を一部紹介します。

州名 最低賃金
アルバータ州
主な都市:カルガリー、バンフなど
$15
ブリティッシュコロンビア州
主な都市:バンクーバーやビクトリア
$13.85
オンタリオ州
主な都市:トロント、オタワなど
$14
ケベック州
主な都市:モントリオールなど
$12.50

(2019年12月現在)
参照元:RCC

スポンサードサーチ

給料の支払い

カナダでは、2週間ごとにお給料を貰えるところが多いです。給料の支払い方は、主に2通りあります。

  • 小切手(Cheque)で受け取る
    日本では馴染みのない、チェックでの受け取り。給料が書かれた紙です。銀行に行き、チェックに記載されている金額を、口座に預金できます。今では、銀行のアプリを使用し、チェックを写真で撮影するだけで、そのまま、給料が口座へ預金できるので便利です。
  • 銀行口座へ振込
    日本と同様に、雇用主から直接、給料が振り込まれます。

仕事を始める前に、カナダのSINナンバー(社会保険番号)と、現地の銀行口座などが必要です。

詳細は、以前の記事:【カナダ・ワーホリ】仕事するにも必要!最初に行う3つの事をご覧ください。

給料+チップ

チップ文化のカナダ。サービスを受けた時にはチップを支払います。レストランなどで支払われるチップの相場は、15~20%です。

職場により、チップの分け方は多少違います。

例えば、カフェではチップを従業員みんなで分ける。あるレストランではウェイターが、自分がお客さんにサービスをした分のチップをそのまま貰うこともあります。

給与と別にチップは、サービス業において大事な収入源になります。

私もカフェで働いていた時は、給料は振込で、チップは手渡しでもらっていました。

給料は、既ににタックス等(税金)が引かれて支給されます。後にタックスリターンをすれば、幾らか戻ってくる可能性が高いです。

スポンサードサーチ

ワーホリが稼ぎやすい仕事とは?

稼ぎたい人には、商品の単価が高く、人気のレストラン等でのウェイター業務をおすすめします。

理由は、商品の単価が大きければチップも増えるわけです。そしてお客が入るほど、チップも増えます

カフェでも、チップを払うお客さんはたくさんいます。しかし、必ずしもチップを強制で払うわけではありません。

例えば、以下の状況で、チップ15%を支払うとすると▼

  • カフェで、コーヒー5ドル=チップ$75セント
  • レストランで、料理とドリンクを頼んで30ドル=チップ$4.5ドル

といった感じになります。チップの差は大きいですよね?

ウェイターとして働き、仮に従業員とチップを分け合うとしても、良い金額のチップを貰えるわけです。

塵(チリ)も積もれば山となるといわれるように、チップの存在ってマジでかいですw

チップ文化に慣れていなかった私。

カナダにきて、職場のカフェから、初めてチップを頂いた時はびっくりしました。

仮にカフェで働いて、それなりにチップを貰いたい方は、現地のカフェで忙しいところがおすすめです。

おわり

以上、カナダでワーホリや留学生に人気の仕事から、給料について解説しました。

これからの、仕事探しの参考になれば幸いです♪

関連記事▼
【カナダ・ワーホリ】どうやって求人見つける?賢い仕事の探し方!

ABOUT ME
ゆ~
関東生まれの28才女子。 オーストラリアで留学3年、ワーホリ1年の計4年滞在後、カナダで1年ワーホリ。海外生活は計5年。現在帰国し、日本にいます。海外生活で経験、感じた事を実録・情報ブログとしてシェアしていきます♪